本文へ移動

CSR

社会的責任(CSR)の取組みとして様々な活動を展開しています。

『BellChild Gallery in Hamamatsucho』月と花火といきなりプリン…

2024-05-21
カテゴリ:社会貢献・地域貢献
2024年5月、NPO法人「虹色の風」代表理事の平山 淳子さんより、活動の内容やアートに対する想いを伺いました。

平山さんは、アートを通じて障がいに対するマイナスイメージを変えたい、障がいを越えてみんなが共生できる社会を作りたい、というモットーで活動をされており、障がい者とそのご家族と社会とのつながりをとても大切にされていました。

ベルチャイルドもアートギャラリーを通じその想いを伝えるお手伝いができたらと考えています。 今回、展示いただいたアートは「フラワームーン」と「プリンと花火」です。 
●フラワームーン 

5月の満月をフラワームーンと言うそうです。 画用紙にクレヨンとアクリルガッシュで優しく暖かく描かれた5月の月です。作者の愛奈さんは小学生、月や海の話をしながら描いていたそうです。この絵は20枚ほど描いた中の選りすぐりの1枚です。
●プリンと花火

「今日はいろいろな色を使って花火を書いてみよう!」と平山さんが美術指導をした時の作品で、作者のゆうじろうさん、濃紺の夜色の布に力強く花火を描きました。思い切り花火を描いた後、花火よりも色鮮やかな「プリン」が画面右下に突然登場したそうです。 平山さんはニコニコしながら「なんで花火にプリンを描いたんでしょうね。プリンを食べながら花火を見たのかもしれないですね。」と楽しそうに話してくださいました。

授産製品のアイシングクッキーで想いを伝えます。

2024-03-29
カテゴリ:社会貢献・地域貢献
毎年年度末に一年の感謝の気持ちを込めて全社員へ小さなプレゼントをしています。今年は新大阪オフィスの近くにある「PALETTE」という障がい者支援施設で製作されたアイシングクッキーです。 

「PALETTE」さんの焼き菓子はとてもおいしく、アイシングかとてもかわいいんです。今回はなんとオリジナルでのし袋をイメージしたクッキーに「Thanks」「BellChild」と書いたアイシングクッキーを作ってもらいました。 2枚1組でとても素敵な年度末のプレゼントになりました。 
1枚目ののし袋のクッキーですが、「小さなクッキーに『Thanks』『BellChild』と描くのは細かすぎて難しい」と一度は断られたのですが、利用者(製作者)の皆さんが自身のスキルアップにもつながると積極的にチャレンジしてくださいました。 

2枚目のクッキーは自由に描いてもらいました。完成した200枚、お花や動物などの個性豊かなイラストが描かれ、一枚一枚全て違うデザインで驚かされました。 

授産品の購入の利用が社会貢献につながることを社員に知ってもらい、そしてこれから社員一人一人が授産品を気軽に手に取ってくれるといいなという想いを込めています。今後も社会貢献の一環となるようこうした取り組みを続けていきます。
就労支援事業所『PALETTE』 は、単純作業に従事するのではなく各々の個性を生かす、絵具を混ぜ合わせるパレットのような場所で在りたいという想いから、『 PALETTE (パレット) 』と名付けられたそうです。

お菓子工房や本格的な窯を設置した陶芸工房、シルクスクリーン機器を導入した印刷工房に、多様な表現が生まれるアトリエ。さらには、そこで生まれたものを発信するギャラリーやショップなど作品作りに必要な環境が整えられています。
「ものづくりの場」として建物も個性的で、みんなが集える”屋根”がモチーフとななっていて、1階は明るく開放的なギャラリー、2階・3階が工房になっています。ぜひ一度、足を運んでみてください。

『BellChild Gallery in Hamamatsucho』今回は映画ポスター⁉

2023-12-27
カテゴリ:社会貢献・地域貢献
障がい者アート活動の支援団体「虹色の風」の絵画を東京オフィスへの掲示がスタートし1年半、4ヵ月ごとに掛替いただき今回で5回目となります。 

今回の絵画のタイトルは「カイザーファイナル ザ・ムービー2:カイザーファイナルvsグレートディバン」です。迫力のある大きなサイズの画用紙に鉛筆と色鉛筆とペンで丁寧に精密に描き込まれています。

 この絵の解説には「ガジェッターを助ける新チーム、ニューヒーロー・カイザーファイナルのポスターとして描いたらしい。今まで薦めても『結構です』と絶対に使わなかった0.28と0.38の細書きペンを初めて使った。形のバランスにも変化がみられる。どんなに時間の無い日でも、絵を描かない日は1日もない。正義を勝ち取る戦いはまだまだ続く。」とあります。
このキャラクター、ストーリーは作家のオリジナルで、いつもはテレビシリーズ版のイメージを描いておられるようです。 

作家のご家族から伺ったのですが、特撮ものキャラクターが活躍するシーンが毎日「降りてくる」そうです。そして毎日「降りてきた」イメージをもとに第1話から最終回までを描いているとのことです。 

今回掲示いただいた作品は、このオリジナルのストーリーの劇場版「カイザーファイナル ザ・ムービー2」のポスターです。テレビシリーズ版の作品も見てみたいと思ったのは私だけではないと思います。

2024年、感謝の気持ちを込めて三社へ提灯を献灯

2024-01-12
カテゴリ:社会貢献・地域貢献
毎年、ベルチャイルドも一住民として地域への貢献となるよう、大阪オフィス/東京オフィスの近くの神社への寄進を行っています。 

この取り組みは2021年、東京の芝大神宮に提灯を奉納したのが始まりでした。 それから翌年の2022年には、毎年商売繁盛を祈願していた大阪の堀川戎神社へも奉納しました。 4回目となる2024年は、大阪天満宮も奉納先としました。大阪天満宮はこれまでも天神祭渡御行事保存会への協賛をしていた神社で、天満宮のおひざ元だった南森町の本社から、新大阪に移転した今も大阪天満宮への感謝を込めて参拝を続けています。 仕事始めの前に昨年のお礼と新年の挨拶を行いました。
■大阪天満宮へ天満天神えびす祭に提灯の献灯
【寄進先】大阪天満宮(大阪市北区天神橋2丁目1番8号)
2024年1月4日(木):初詣
■芝大神宮に提灯の献灯
【寄進先】 芝大神宮(東京都港区芝大門1-12-7)
2024年1月5日(金) :初詣
■堀川戎神社に提灯の献灯
【寄進先】 堀川戎神社(大阪市北区西天満5-4-17)
十日戎(とおかえびす)参拝
福笹に沢山の縁起物

『BellChild Gallery in Hamamatsucho』での4回目の絵画展示

2023-09-29
カテゴリ:社会貢献・地域貢献
毎回違う絵画に元気をもらっています。
障がいがある方たちのアート活動を応援する団体「虹色の風」さんと協力しながら東京オフィスに絵画を展示し始め1年が経ちました。3ヶ月に一度掛け替えしているので今回で4回目になります。 

「虹色の風」の代表 平山さんより「絵画作品が公共の場に展示される事・多くの方々が目にする事は、作家さんたちの励みになります。」とおっしゃっていただきました。2年目になる2024年は、もっと多くの方々にご覧いただけるよう工夫していきたいと考えています。 
皆さまもぜひ、東京オフィスにお越しの際には『BellChild Gallery』をご覧ください。 

今、展示している絵画は、「動物たちと昆虫たちと鳥たちのパレード」と「スパイラル」の2点です。 「動物たちと…」はゴリラやラッコ、てんとう虫、セミ、ダチョウといった動物たちが、迷いのない線で描かれており、常日頃から良く観て描いている事が伝わってくる絵です。 「スパイラル」は力強いうねりや色使いに引き込まれてしまいます。

■「動物たちと昆虫たちと鳥たちのパレード」 作者:M.T 
作者コメント:この絵は、動物たちと昆虫たち鳥たちを小さく描きました。 

■ 「スパイラル」 作者:廉 
キャンバスに厚塗りしたアクリルガッシュとオイルパステルを乾く前にひっかき、力強い線が描かれています。
「動物たちと昆虫たちと鳥たちのパレード」 作者:M.T
「スパイラル」 作者:廉

2022年5月26日 授産製品購入による社会貢献 【取組み:社会貢献】

ノベルティに授産製品のクッキーを! お菓子で広げる社会貢献の輪

5月末にiBRESS事業部が開催した代理店会で、参加していただいた方々へのお礼にクッキーを贈りました。このクッキーは「ひまわりスイーツ」によって販売されている授産製品です。今回は特別に当社オリジナルラベルを貼っていただき、ココア味ときなこ味の計150個を発注しました。
「ひまわりスイーツ」は特定非営利団体すまみらいによって運営される就労継続支援B型事業所(就労を希望する障がいを持った方々のサポートを行う施設)です。当社とすまみらいは、2016年より付き合いがあり、ノベルティへのラベル貼り、封入作業などの軽作業を依頼しています。今回の「授産製品の購入」によって、この交流が間接的に他の人々にも広まってほしい、という期待もあります。社会貢献の一環となるよう、今後もこうした取り組みを続けていきたいと考えています。
特定非営利活動法人すまみらい:精神障害者の社会参加と生活をサポート
就労継続支援B型 ひまわり・スイーツ:“おかし” と “ふくし” どちらも本気の製菓作業に特化した事業所
写真左・中央:神戸市須磨区のすまいる・フレンズ内のかわいいコミュニティカフェ「雑貨&café amico」
写真右:今回作っていただいたオリジナルラベルのクッキー

2022年1月10日 堀川戎神社 十日戎/宝の市神事 提灯奉納 【取組み:地域貢献】

【日 時】 2021年1月1日(金)
【寄贈先】 堀川戎神社(大阪市北区西天満5-4-17)
【寄贈対象】提灯
【期 間】 2021年12月31日~2022年1月11日まで
堀川戎神社の「十日戎/宝の市神事」は毎年1月9日~11日までの3日間夜通しで行われ、商売繁盛・福徳円満などを願う人々で賑わいます。境内や参詣道は約500個もの提灯に灯りが入り、天神橋筋商店街から梅田にかけて200軒を超える夜店が幹を連ね、関西特有ともいえる賑わいを楽しむことができます。しかし新型コロナウイルス感染症対策として各行事の規模縮小および中止、縁起物を始めとする露天出店が控えられています。
そんな中でも境内にたくさんの提灯を掲げることで参拝者を迎えたいという宮司様のメッセージに賛同し提灯を奉納いたしました。
堀川戎神社では新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を願い日々明神奉仕に務めておられるとのことです。

2022年1月5日 芝大神宮 提灯奉納 【取組み:地域貢献】

【日 時】 2022年1月1日(土)
【寄贈先】 芝大神宮(都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」 A6出口 徒歩1分)
【寄贈対象】提灯
【期 間】 2022年1月1日 ~2022年1月31日まで
昨年に引き続き地域貢献の一環として芝大神宮に提灯を奉納。
毎年正月から一ヶ月の間、献灯行事を開催しており、当社も浜松町に事務所を置かせていただいていることから、
本殿に参詣し、社内安全を祈願いたしました。

2022年1月4日 天神祭渡御行事保存協賛会への寄付【取組み:地域貢献】

【協賛先】 大阪天満宮(大阪市北区天神橋2丁目1番8号)
      天神祭渡御行事保存協賛会
【期 間】 2021年7月~2022年7月
日本三大祭随一と言われる、大阪天満宮の「天神祭」は一千年余りの歴史と伝統を有し水の都・大阪にふさわしい火と水の祭典です。天神祭渡御行事保存協賛会は、伝統ある渡御行事を実施しこれを次世代へ保存継承するために必要な活動をおこなっている大阪天満宮の団体で、今回、この活動に賛同し協賛いたしました。ベルチャイルドは毎年初詣には大阪天満宮御祈祷を受けています。

2021年1月5日 芝大神宮 提灯奉納 【取組み:地域貢献】

【日 時】 2021年1月1日(金)
【寄贈先】 芝大神宮(都営地下鉄浅草線・大江戸線「大門」 A6出口 徒歩1分)
【寄贈対象】提灯
【期 間】 2021年1月1日 ~2021年1月31日まで
芝大神宮は天照大御神を主神として、西暦1005年一条天皇の御代に創建された由緒あるお社です。
毎年正月から一ヶ月の間、献灯行事を開催しており、当社も浜松町に事務所を置かせていただいていることから、
地域貢献の一環として提灯を奉納。本殿に参詣し、社内安全を祈願いたしました。

2020年7月3日 「感染症の拡大を抑える勤務習慣」を根付かせる 【取組み:社員】

手作りパーティションで感染予防

「コロナウイルス感染症に係る緊急事態宣言」解除を受け、テレワーク解除にともなうオフィス勤務の衛生対策として全オフィスのデスクにパーティションを設置しました。
早急な対応が必要だったため、短納期で大量の枚数確保が難しい既製品を諦め手作りしました。手間はかかりましたが、手作りすることでパーティションをデスクの幅に合わせたり、電話機を置くための穴を設けたり、使用環境に合ったパーティションができ上りました。パーティションを固定するスタンドは、今年度の新入社員が木材を加工し製作しました。突貫工事でしたが、企画・調達・製作から全オフィスへの設置まで約半月で完了することができました。これからも、安全への配慮を怠らず「感染症の拡大を抑える勤務習慣」を根付かせる取組みを続けてまいります。

2020年2月27日 西宮市立北口図書館の雑誌スポンサー【取組み:地域貢献】

【日 時】 2020年2月27日(木)
【寄贈先】 西宮市立北口図書館(阪急西宮北口駅:ACTA西宮東館5階)
【対象誌】 日経パソコン(月2回発行)
【期 間】 2022年3月31日まで
西宮市立北口図書館に配架される「日経パソコン」の購入費を負担する雑誌スポンサーになりました。最新号カバーの表面と裏面に社名を掲載いただいています。雑誌スポンサーとは、企業等が雑誌の購入費を負担し、配架する雑誌の種類を増やすことで、市民図書館の蔵書の充実と市民サービスの向上を図る制度です。今回のこの制度への参加は社員からの提案により企画され、地域貢献活動として実現しました。

2019年1月5日 硬式野球チーム「大阪柴島ボーイズ」にテントを寄贈 【取組み:地域貢献】

【日 時】 2019年1月5日(土)10:00~
【場 所】 柴島グランド(大阪市水道局)
【寄贈先】 大阪柴島ボーイズ(代表 上村 邦夫 様)
【寄贈品】 テント2基
2019年1月5日、大阪柴島ボーイズのグランド開きの後、贈呈式を執り行っていただきました。
代表の藤田より野球少年たちへ「全国大会に出られた皆さんに、今年もこのテントをいろんな所へ連れて行ってもらい、いろんなチームに勝つ姿を見せてください!皆さんの活躍を期待しています!」とメッセージを送りました。
贈呈式の後、豚汁やお餅、ビールを振舞っていただきました。
TOPへ戻る