本文へ移動

情報セキュリティ基本方針

株式会社ベルチャイルド(以下、当社)は、ITソリューション企業として、「我々の働きがお客さまの幸せでありたい」という理念に基づき、お客様に確かで安心できるシステムインテグレーションサービスを提供してまいります。
お客様から、安心・信頼される事業活動を遂行していくためには、情報セキュリティの確保が重要であり経営課題の一つであるという認識に立ち、情報資産を保護するための指針として、情報セキュリティ基本方針を策定し、さらに情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立し、この維持・向上に努めます。

1. 情報資産の範囲

当社が保護する情報資産の範囲は、当社の事業活動において入手、ならびに当社が業務上、保有する全ての情報とします。

2. 機密情報の保護

当社は、情報セキュリティに関する統括組織として「情報セキュリティ委員会」を設置すると共に、情報セキュリティ委員長を任命し、ISMSの実施及び運用に関する責任と権限を付与し、情報セキュリティ対策を実施します。

3. 安全処置

当社は、情報資産の重要性を認識し、情報資産を不正アクセス、紛失、漏えい、改ざん、破壊などの脅威から適切に保護します。また、セキュリティインシデントが発生した場合は、原因究明、対策を迅速に実施し、影響を最小限とするよう努めます。

4. セキュリティ教育の実施

当社は、情報セキュリティの重要性を認識するために必要な教育を実施します。

5. 法令遵守

当社は、事業上の要求事項及び法令・規制・契約事項を把握し遵守します。

6. 継続的な改善

当社は、関連する諸規則、管理体制の評価と見直しを定期的に行い、情報セキュリティの継続的な改善を図ります。

制定日:2012年7月30日
株式会社ベルチャイルド
代表取締役社長 藤田 好邦
TOPへ戻る