本文へ移動

グランドデザイン

匠の技が光る エンパワーメント企業を目指します。
ベルチャイルドは、勝ち続ける「常勝企業」
変化に対応し転がり続ける「エンパワーメント企業」を目指しています。
2019年度ラグビーワールドカップでは、ONE TEAMという言葉を何度も耳にしました。
 
各自が考え行動してONE TEAMの為に働く。各ポジションに役割があり、隣り合うメンバの事を考え、全体最適を考え、敵陣に攻め込む。攻められている時も同じようにそれぞれが考え、敵の攻撃に対処する。ベルチャイルドという組織でこれを実現したい。これこそがエンパワーメントだと考えています。
 
イノベーションのない企業に将来はありません。会社、事業部、プロジェクトというそれぞれのONE TEAMからイノベーションが生まれてこなければならない。イノベーションというとおおげさに聞こえますが、それは例えば、「気づき」と言うことかもしれません。ただし、チームにインパクトを与える「気づき」のためには、アサインされた仕事の枠を超え、プロジェクトや事業の「全体と将来」に対する「当事者意識」が必要です。エンパワーメント企業の社員は、今目の前にある仕事の、「その向こうにある当事者意識」をもった人材であって欲しいのです。
 
役割を超え、仲間と共に「全体最適の視点」で同じ目的に向かう!
これこそ現在のベルチャイルドを超えていくエンパワーメント企業の姿だと考えています。
TOPへ戻る